アパ工研

組織

沿革

所在地

定例活動

委員会

技術研究会(交流会)

年間行事

オープンセミナー

異業種交流会

データベース

アパレル統計データベース

アパレル技術リンク集

会員

法人会員

その他

JATRAニュース

トップページへもどる

トップページ > 沿革

沿革
1971年〜2000年4月にいたる事業活動の概要


1.アパレル産業の人材育成


アパレル生産工場の管理者、技術者を対象にした定期研修の実施。 (平成元年まで23回、参加370社、850名)
平成11年11月異業種交流会セミナー開催


2.教育セミナー


平成9年までセミナー47回、時局講演会22回実施。
平成10、11年セコリセミナー開催(モデリスト育成)


3.JIAM(国際アパレルマシンショー・日本縫製機械工業会主催)の後援


4.海外技術調査団の派遣及び海外技術研究機関との交流


ITMA、ボビンショーなど国際見本市の視察調査及びホーヘンシュタイン研究所(西独=当時)、CETIH(仏)、TEFO(スウェーデン)、フィラデルフィア工科大学などとの交流強化。


5.各種委託調査研究


(1)通産省工業技術院
自動縫製システムに関する内外技術動向調査



イ.日本人の体格調査研究



ロ.アパレル産業に関するJIS規格の原案作成と制定及び改訂


(2)中小企業事業団
アパレル生産モデルシステムの基礎調査



イ.パーツ縫製のマテハンシステム化技術開発



ロ.ファッションマネキンに係る技術開発の協力


(3)繊維産業構造改善事業協会
技術指導員育成事業の指導員研修事業の協力



イ.多品種少量生産の服種別生産実態調査の協力



ロ.繊維産業に関する技術資料の作成協力



ハ.人間工学応用人体計測解析利用システム技術開発協力


(4)防衛庁  縫製用語並びに縫製要領の防衛庁規格原案作成


6.技術開発事業


自動縫製システム技術研究組合(大型プロジェクト)組織化準備



イ.自動縫製に関する用語の作成



ロ.大型工業技術




「自動縫製技術研究開発」の協力


7.研究活動


(1)アパレル生産研究会


(2)流通情報研究会


(3)ASS研究会活動


(4)日伊アパレル研究会


(5)アパレルデータベース編集


(6)アパレル国際関係機関連携準備


(7)JIS衣料サイズ規格改正原案作成、ISO衣料規格調査


8.ホームページ開設 平成12年3月


アドレス http://www.jat-ra.com
ページ先頭へ


Copyright (C) 2016, the Japan Apparel Technology and Research Association. All Rights reserved.